11月9日(水) 19:00〜20:40

TECC de APPROACH

参加登録はこちらから ≫

EVT領域では、DCBを中心に様々なファイナライズデバイスが登場しており、議論の中心になっています。
しかしその前に、正確に、確実に、病変にデバイスをデリバリーすることが何より重要です。
幸いにも各社個性豊かなガイドシースを導入しており、デバイスの特徴から様々なアプローチについて横断的に学ぶことが重要です。
Anteがよいのか、CROSSOVERか、それともRadialか。玄人達の一工夫を学び、明日からの臨床に生かしましょう。

日程

2022年11月9日(水)19:00〜20:40

対象

医師、メディカルスタッフ、医療系企業

参加登録費

無料

プログラム:

座長:
仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)
飛田 一樹(湘南鎌倉総合病院)

演者:
■デバイスとの相性
早川 直樹(旭中央病院)

■CROSSROAD【共催:ニプロ株式会社】
仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)

■DESTINATION【共催:テルモ株式会社】
毛利 晋輔(済生会横浜市東部病院)

■PARENT series【共催:メディキット株式会社】
岩田  曜(船橋市立医療センター)

コメンテーター:
緒方 健二(宮崎市郡医師会病院)
鈴木 健之(東京都済生会中央病院)
岩田  曜(船橋市立医療センター)
宇都宮 誠(TOWN診療所城南)

共催

ニプロ株式会社、テルモ株式会社、メディキット株式会社

5月12日(木) 19:00〜20:30

宮本道場 ~現在から未来へ~

参加登録はこちらから ≫

EVTの創成期から、その治療に携わってきたDr。
宮本明。
その治療によって救ってきた肢は数知れず。
また、その門下をくぐった者、影響を受けた者も数知れず。
本セミナーでは90分で、患者の下肢救済に懸ける情熱や現在の宮本スタイルの紹介をします。
TECC印の厳選座長・コメンテーターにて徹底的に深掘りします。
なぜ、そこまで情熱を燃やせるのか?
門下生であってもそうでなくても、大いに心奮わされる時間をお約束します。

日程

2022年5月12 日(木)19:00〜20:30

対象

医師、メディカルスタッフ、医療系企業

参加登録費

無料

プログラム:

座長:
宇都宮 誠(TOWN診療所城南)、鈴木 健之(東京都済生会中央病院)

演者:
■宮本先生のここがすごい ~卒業生から~
竹井 達郎(天陽会中央病院)

■救肢へのこだわり 最新の高津スタイル ~門下生から~
高木 友誠(総合高津中央病院)

■『私のEVT履歴書』重症下肢虚血への情熱、挑戦、これから
宮本  明(総合高津中央病院)

コメンテーター:
仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)、藤井 さつえ(総合高津中央病院)、田中 綾紀子(仙台厚生病院)

共催

株式会社メディコン

2月12日(土) 10:00〜15:00

Live demonstration ~究極のバルーンVS至高のステント~

参加登録はこちらから ≫
日程

2022年2月12 日(土)10:00〜15:00

対象

医師、メディカルスタッフ、医療系企業

参加登録費

無料

プログラム:
10:00~11:20 LIVE①

座長:鈴木 健之(東京都済生会中央病院)、藤村 直樹(東京都済生会中央病院)
術者:仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)
コメンテーター:金子 喜仁(春日部中央総合病院)、上月 周(大阪府済生会中津病院)、辻村 卓也(関西ろうさい病院)
共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

11:20~11:35
共催セミナー1:「Drug technologyの最新のエビデンス1」

座長:川﨑 大三(森之宮病院)
演者:「Ranger発売約1年を経て思うこと」曽我 芳光(小倉記念病院)
共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

11:35~11:50
TECCセミナー1:「Drug technologyの最新のエビデンス2」

座長:川﨑 大三(森之宮病院)
演者:「DES Real World Data -Complex lesionに対する2年のパフォーマンス-」市橋 成夫(奈良県立医科大学)

11:50~13:10 LIVE②

座長:岩田 曜(船橋市立医療センター)、藤原 昌彦(岸和田徳洲会病院)
術者:仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)
コメンテーター:早川 直樹(国保旭中央病院)、福永 匡史(森之宮病院)、吉岡 直輝(大垣市民病院)
共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

13:10~13:40
共催セミナー2:「DETリアルワールド@仙台厚生病院」

座長:鈴木 健之(東京都済生会中央病院)
演者1:「私がEluvia優先で考える訳」田中 綾紀子(仙台厚生病院)
演者2:「DCBにどこまでこだわるべきか?」堀江 和紀(仙台厚生病院)
共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

13:40~15:00 LIVE③

座長:飯田 修(関西ろうさい病院)、市橋 成夫(奈良県立医科大学)
術者:仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)
コメンテーター:市橋 敬(一宮西病院)、滝村 英幸(総合東京病院)、飛田 一樹(湘南鎌倉総合病院)、原口 拓也(札幌心血管クリニック)
共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

ライブ中継:

東京ベイ・浦安市川医療センター