※終了しました
ご挨拶

来る2020年6月4日にTECC STEPS step1を開催いたします。TECC(Tokyo Endovascular Challenging Conference)は従来通り年末のWEBライブを予定しておりますが、年間を通じた学びの場を提供する、ステップアップしていくという意味を込めてTECC STEPSを企画いたしました。

step1として、合併症を中心としたWEB症例検討会を行います。新型コロナ感染症で学会が軒並み中止となり、一部WEBでのシンポジウムとなっていますが、一般演題や若いドクターの発表の場所はなくなっているのが現状です。TECC STEPSを、発表の場所、ディスカッションの場所として使っていただき、継続的な学びが得られるようにしたいと考えています。

step1のテーマは、本当にあった怖い合併症(はなし)、とさせていただきました。活発なトークのみならず、テキストでの質疑応答、投票機能、といったWEBならではのインタラクティブなTECC STEPSにご期待ください。なお、優秀演題には年末のTECCファカルティの権利が送られます。今後、ステップ2も予定しておりますので、皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

6月吉日
鈴木 健之 東京都済生会中央病院
宇都宮 誠 TOWN訪問診療所城南
仲間 達也 東京ベイ・浦安市川医療センター

日程

2020年6月4日(木) 19:00〜21:00

参加登録費

1,000円 無料

プログラム
Opening Remarks 19:00-19:15

鈴木 健之(東京都済生会中央病院)
宇都宮 誠(TOWN訪問診療所城南)
仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)

症例1.-3. 19:15-20:00

座長:
鈴木 健之(東京都済生会中央病院)
仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)
コメンテーター:
宇都宮 誠(TOWN訪問診療所城南)
松井 朗裕(春日部中央総合病院)
滝村 英幸(総合東京病院)

症例1. 血管穿孔、穿刺部閉塞、巨大後腹膜血種を起こした症例~どこで予防できたのか~

演者:吉岡 直輝(大垣市民病院)

症例2. バイアバーン・VBXを用いて大腿深動脈瘤の血管内治療を実施した一例

演者:小澤 孝明(京都第一赤十字病院)

症例3. 高度な蛇行を伴う腸骨動脈の医原性破裂に対して血管内治療を行った一例

演者:福井 健人(京都岡本記念病院)

症例4.-6. 20:00-20:45

座長:
宇都宮誠(TOWN訪問診療所城南)
仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)
コメンテーター:
鈴木 健之(東京都済生会中央病院)
松井 朗裕(春日部中央総合病院)
滝村 英幸(総合東京病院)

症例4. 超高齢ALIに対する止むに止まれぬステント留置

演者:柴田 豪(札幌医科大学)

症例5. 予想外の急変を来した薬剤溶出性ステント閉塞後の一症例

演者:飛田 一樹(湘南鎌倉総合病院)

症例6. Embolization of ruptured aneurysm in internal iliac artery (AIIAs) by direct needle puncture under ultrasound guidance

演者:楠本 三郎(長崎みなとメディカルセンター)

Closing Remarks 20:45-21:00

鈴木 健之(東京都済生会中央病院)
宇都宮 誠(TOWN訪問診療所城南)
仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)