本当にあった怖い合併症はなし

ご挨拶

昨年末に成功裏に終えたWEB LIVEから3ヶ月、2021年始めてのTECC STEPSは昨年も500人以上の参加を頂いた、『本当にあった怖い合併症-はなし-』から始まります。

起きてほしくないけれども起きてしまう、それが合併症。どんな症例も同じ状況というのはあり得ませんが、似たような合併症に遭遇してしまうことはあるかもしれません。ほんの少しの勇気で発表していただいたことが、視聴している皆様の助けになります。残念ながらベイルアウト出来なかった症例も、何故起きたのか、その他のベイルアウト方法は無かったのかと、建設的にディスカッションを行うことに繋がります。

このような合併症症例を通じ、多くのことを学び議論することで、明日からのEVTを昇華させることが出来れば幸いです。
大丈夫、演者の先生も質問者の先生も、怒られません。

まだまだCOVID-19の猛威が冷めやらぬ状況で、このようなWEBでの学びは非常に重要であると考えております。
3月17日(水)19時より、皆様のご参加をTECC理事一同、心からお待ちしています。

2月吉日
鈴木 健之 東京都済生会中央病院
宇都宮 誠 TOWN訪問診療所城南
仲間 達也 東京ベイ・浦安市川医療センター

日程

2021年3月17日(水) 19:00~21:00

演題募集
演題応募(締め切りました)
演題募集期間

2021年2月17日(水)〜2021年3月3日(水) 3月8日(月)まで延期いたします。
沢山のご応募ありがとうございました。

対象

医師、コメディカル、企業、その他

参加登録費

無料

参加申込
参加申込はこちら
プログラム
Opening Remarks 19:00-19:15

鈴木 健之(東京都済生会中央病院)

座長:
鈴木 健之(東京都済生会中央病院)
飛田一樹(湘南鎌倉総合病院 )

コメンテーター:
新谷嘉章(上尾中央総合病院)
毛利晋輔(済生会横浜市東部病院)

症例1. 19:15-19:30

IliacCTO病変に対しR2Pシステムで挑むも血栓による末梢塞栓を生じ治療に難渋した一例
中村 陵子(京都市立病院)

症例2. 19:30-19:45

BKを大きく開けたら前脛骨動脈が破裂した症例
植島 大輔(亀田総合病院)

症例3. 19:45-20:00

高度石灰化病変に対する治療戦略 -Pave and crackの落とし穴-
畑 陽介(関西労災病院)

症例4. 20:00-20:15

Leriche症候群に対するEVT後、急性上腸間膜動脈塞栓症を合併した一症例
國井浩行(福島県立医科大学)

症例5. 20:15-20:30

高度石灰化を伴うATA CTOに対するEVT中、バルーン断裂と末梢塞栓の2つの合併症が生じた1例
山口航平(済生会横浜市東部病院)

症例6. 20:30-20:45

遺残坐骨動脈閉塞症例に対しPQ bypassに成功した直後に、、、
佐々木伸也(坂総合病院)

Closing Remarks 20:45-21:00
企画担当

飛田一樹とプログラム委員会

準備中