宇都宮 誠
(TOWN訪問診療所城南)

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。平素はひとかたならぬお力添えを賜り、深く感謝申しあげます。

さて、来る2020年12月19日(土)、第3回目のTokyo Endovascular Challenging Conference(TECC)を、東京ベイ・浦安市川医療センターにて開催させていただきます。

全国に数多あるライブデモンストレーションは若手術者に対する教育の場として大きな役割を担っていましたが、膨らむ予算に対して参加者数の減少が顕著となっているものも目立ちます。

若手術者にとって、忙しい臨床の中で現地に赴き宿泊してまで参加すべきライブは減ってしまっているのかもしれません。

しかしながら近年の末梢動脈インターベンション領域は様々なデバイスが出現し、最新トレンドは日々変化しています。

取り残されがちな若手術者にこそ正しい情報を伝える機会は確保すべきですし、なかなか学会やライブには参加できないが、患者のためにも情報は欲している術者は潜在的には多く存在していると考えます。

時間的、空間的な不利をキャンセルできるWebライブデモンストレーションに可能性を感じ、手探りで始めたTECCも3回目を迎えます。

とりあえずやってみた第1回、そして戦略的な宣伝と皆様方のご協力でたくさんの参加者と多くの反響をいただいた第2回を終えましたが、反省と3回目への新しいアイデアが次々と浮かんでライブデモンストレーションの未来を変える革新的な取り組みであるという思いは期待から確信に変わっております。

Webを用いた新しいライブであるTECCでは、既存のライブと違う新しい可能性がまだまだあります。

第2回からチャレンジしている海外ファカルティの招聘。職場やリビングからも参加できるチャット機能、アンケートシステムを使えば術者たちのリアルな思いを共有することも可能となります。

また未知の感染症が発生したとしても中止となるリスクもないという点もメリットかもしれません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

謹白

令和2年3月吉日